【京都金杯2020】予想と最終追い切り・調教評価

こんにちは。キリツクバです。

今回は京都金杯の最終追い切り・調教評価を書いて行きたいと思います。

京都金杯が行われる1/5(日)京都競馬場の天気は晴れ時々雨…。

降水確率は40%となっています。

京都競馬場芝コースは良~稍重くらいか!?

 

<京都金杯2020最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、上位人気馬は皆良い動き。

最終追い切り・調教の動きからこの馬を本命に・・

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

 A.人気ブログランキング

それでは京都金杯の予想と最終追い切り・調教評価を書きたいと思います。

追い切り・調教は当然の事ながら一週前最終が特に大切だと私は思っています。

私は「追い切り派」「調教派」なので各馬の追い切り・調教時計を非常に重要視しています。

追い切り・調教というファクターを無視する事は競馬をやる者にとって自殺行為だとも思っています。

この追い切り・調教内容や時計を参考に馬のデキを一緒に見極めて行きましょう。

追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。

中堅下位厩舎の仕上げが高配当を生む縮図。

勝ち星を取りに行くのは必然の流れ!

正月初戦を目標にしている厩舎情報。

⇒ 東西金杯大金脈情報アリ!

金杯徹底攻略情報詳細は無料メール登録後、TOPページから確認可!

ログイン後↑の画像をクリックです。

京都金杯2020予想と最終追い切り・調教評価

〇エメラルファイト(石川裕)
美南W良 68.2 53.8 39.7 12.4 馬なり
追い切り評価
【B】

一週前猛時計、最終馬なりそこそこ好時計。

悪くは無い。

〇マルターズアポジー(松若)
美南W稍 66.0 51.0 37.5 12.1 一杯
追い切り評価【C】

二週続けて猛時計も・・

特別良化は感じない・・

〇サウンドキアラ(松山)
栗坂良 53.1 38.8 25.3 12.5 強め
追い切り評価【A】

最終好時計!

前走時より良化を感じる時計。

〇オールフォーラヴ(和田竜)
栗坂良 61.8 44.5 28.4 13.7 馬なり
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇メイケイダイハード(柴山)
栗坂良 52.3 38.1 24.7 12.4 一杯
追い切り評価【C】

最終好時計も・・

稽古では動くが・・

〇ダイアトニック(北村友)
栗坂良 52.5 37.8 24.3 12.0 馬なり
追い切り評価【A】

二週続けて猛時計!

久々も仕上がりは良さそう。

〇ボンセルヴィーソ(太宰)
栗坂良 53.3 38.7 25.0 12.3 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキはキープ。

〇ドーヴァー(福永)
美南W稍 65.6 50.4 36.8 12.5 強め
追い切り評価【A】

二週続けて猛時計!

前走時の好状態キープ。

〇ストロングタイタン(幸)
栗坂良 55.7 40.6 25.6 12.0 一杯
追い切り評価
【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇マイネルフラップ(国分優)
栗坂良 55.1 39.7 25.2 12.4 一杯
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

〇ハッピーグリン(吉田隼)
栗坂良 55.4 40.0 25.4 12.5 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なりそこそこ好時計。

悪くは無い。

〇タイムトリップ(岩田康)
美南W稍 71.9 55.6 40.8 12.6 馬なり
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇カテドラル(武豊)
栗坂良 54.3 39.0 24.8 12.2 馬なり
追い切り評価
【A】

一週前猛時計、最終馬なりそこそこ好時計!

前走時より良化を感じる時計。

〇ブレステイキング(藤岡佑)
美南W稍 67.7 53.5 39.5 12.9 馬なり
追い切り評価【C】

最終馬なりそこそこ好時計も・・

特別良いとは思わない・・

〇モズダンディー(酒井学)
栗CW稍 70.7 54.4 38.0 11.6 一杯
追い切り評価
【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

〇エイトシャイデン(坂井瑠)
栗CW稍 85.0 68.7 53.9 38.9 12.7 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキはキープ。

〇メイショウショウブ(池添)
栗坂良 53.6 38.1 24.1 11.8 一杯
追い切り評価【B】

最終好時計。

前走時のデキはキープ。

〇ソーグリッタリング(川田)
栗CW良 52.3 38.6 12.1 強め
追い切り評価【B】

最終好時計。

前走時のデキはキープ。

京都金杯2020予想と最終追い切り・調教評価まとめ

S評価は皆無。

A評価はサウンドキアラ、ダイアトニック、ドーヴァー、カテドラルの4頭。

<京都金杯2020最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、上位人気馬は皆良い動き。

最終追い切り・調教の動きからこの馬を本命に・・

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

 A.人気ブログランキング

割と荒れそうなメンバー構成・・

開幕週も雨の影響を受けそうで・・

軸馬は結構自信が有ります。問題は相手・・

以上、京都金杯2019最終追い切り・調教評価でした!

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください