【フェブラリーステークス2016】予想と一週前追い切り評価

こんばんは。キリツクバです。

今回はフェブラリーS2016の予想と一週前追い切り評価を書いていきたいと思います。

今年のフェブラリーSは新星ノンコノユメが遂にG1奪取か?

という世代交代を懸けた一戦です。

V3が懸かるコパノリッキー等他馬も侮れませんね。

追い切り状態を見てまずは一週前判断して行きましょう。

先週も絶好調持続でクイーンCの3連単的中に京都記念も

3連複的中と正に重賞マニアに進化しました(苦笑)

それでも肝心要の未勝利戦も好調で良い流れが来ています。

正直昨年の同時期並の絶好調さです!

この絶好調を今後も持続させながら予想に入りたいと思います。

それではフェブラリーS2016有力出走馬の予想と

一週前追い切り評価を書きたいと思います。

フェブラリーSは皆さんもご存知の通り

2/21(日)東京競馬場、ダ1600mで行われるG1です。

現在登録している馬は20頭、その中から有力出走馬の予想と

一週前追い切り評価を書きたいと思います。

追い切り時計はネット情報を参考にしています。

フェブラリーステークス2016有力出走馬追い切り評価

〇コパノリッキー(武豊)
2/10 栗CW良 88.1 70.2 53.9 39.3 12.4 馬なり
追い切り評価【B】

軽め。特別良化は感じないし、平行線だと思う。

〇コーリンベリー(松山)
2/10 南D良 64.6 50.0 36.6 12.0 一杯
追い切り評価【B】

Dコースながら一週前猛時計。ただG1でDコース。

〇タガノトネール(柴田大)
2/12 栗坂良 55.2 41.0 26.8 12.7 馬なり
追い切り評価【B】

悪くは無い。前走時のデキはキープ。

〇ノンコノユメ(ルメール)
2/10 南W良 83.0 68.0 53.1 39.4 14.0 一杯
追い切り評価【B】

時計は出さない馬。正直ここはコネを最大限利用したい(笑)

〇ベストウォーリア(戸崎)
2/10 栗坂良 53.6 39.3 25.7 12.8 一杯
追い切り評価【A】

デキ落ちは無く、ここまでは好仕上がりだと思う。

〇ホワイトフーガ(大野)
2/10 南坂良 53.1 38.7 25.1 12.5 一杯
追い切り評価【A】

前走時最終時と一週前にしてほぼ同時計。

〇モーニン(Mデムーロ)
2/10 栗坂良 55.7 40.7 27.3 13.8 馬なり
追い切り評価【C】

毎回時計を出す馬。この時計は流石に平凡・・

〇ロワジャルダン(横山典)
2/11 南W良 65.9 51.7 38.9 14.3 末強め
追い切り評価【C】

終いが甘過ぎる・・

フェブラリーステークス2016追い切り予想まとめ

追い切りS評価は皆無。

追い切りA評価はベストウォーリア、ホワイトフーガの2頭。

<フェブラリーS2016先行予想>

一週前追い切りからの狙い馬は↓↓

S:人気ブログランキング

注目のノンコノユメは時計平凡。

でもこれは毎回の事。最終要注目ですね。

他の馬も好時計という馬は少なくて意外ですね。

中でもベストウォーリアとホワイトフーガは一週前にしては態勢が整って居るかと。

我がおじさんが「こんな馬過去見た事が無い化け物」と評したノンコノユメは果たしてダート界の頂点に立てるのか!?

以上、フェブラリーS2016の予想と一週前追い切り評価でした!

また未勝利マニア通信(無料メルマガ)では毎週末のキリツクバが認めた未勝利馬達を紹介。

こちらは堅実な馬や穴馬など週末注目している馬をお知らせしています。

無料でご利用いただけますので、是非登録オススメしております!!

「未勝利マニア通信」登録は 未勝利マニア通信

広告
AJCCの【徹底分析】&【関係者情報】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください