☆日曜日(10/20)の特選未勝利馬

おはようございます。キリツクバです。

今回も追い切り・調教を重視した未勝利馬達を推奨したいと思います。

今回は日曜日分(10/20)です。

昨日の東京競馬場は1Rスタート時、芝&ダート共に不良馬場発表。

例えれば本当「田んぼ」の様な馬場で、馬も予想する側も苦しみました…(泣)

結局芝は稍重に、ダートは重にまで回復。

丸で甲子園の様な水はけの良さ。

昨日は実感しました。

それでは日曜日分(10/20)の未勝利馬達を推奨したいと思います。推奨馬は枠順が決まる前に予想したもので、あくまで追い切り・調教重視で選んでいます。パドックで太目だったり、良く見えなかった場合は容赦なく切った方が良いかと思います。

※このコーナーでは私のメルマガ内でのMy注目馬以外の馬も推奨しています!!

☆日曜日(10/20)の特選未勝利馬

【新潟1R】 妙味度〔3〕

コンカルノー

新馬戦では3着も次走は8着…。最終追い切りではPコースで好時計。良馬場なら切れる脚。

【新潟2R】 妙味度〔3〕

マイネルワルツ

そこそこ走っているが、未だ馬券になっていない馬。最終追い切りでは坂路で好時計。他馬よりレース数をこなしている経験値を生かして。

【京都3R】 妙味度〔2〕

ベストジーニスト

新馬戦では10番人気で4着とそこそこ好走。ちなみに前走人気を気にしてはならない。最終追い切りでは馬なり猛時計。明らかに前走時より良化。馬名から如何にもサイン馬券か!?

【東京1R】 妙味度〔2〕

タイキルークス

前走太目残りの芝戦で6着。最終追い切りではWコースで馬なり好時計。大幅良化。色々あった菊沢騎手、父の厩舎で親孝行。

<中でも特に狙いたい馬は…!?>

追い切り時計だけで選ぶなら・・

人気でもこの馬の馬券内は堅い!!  Y.人気ブログランキング

<PR>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主役不在の菊花賞で特大万馬券を狙い撃つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末行われる牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞。
今年は、皐月賞馬サートゥルナーリアが、前哨戦の神戸新聞杯を完勝したにも関わらず事前の情報通り菊花賞をパスし天皇賞秋へ向かい、また日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を患い残念ながら引退と2冠を制した両馬不在。
また、毎日王冠を古馬相手に末脚一閃で制した日本ダービー2着馬ダノンキングリーやセントライト記念を制したリオンリオンも不在。
と、3歳世代の実力上位馬がおらず、皐月賞2着、日本ダービー3着とクラシック戦線で実績のあるヴェロックスに人気が集まることが予想されますが、ヴェロックスにも不安材料がないわけではない。
新種牡馬として2018年から産駒がデビューしたジャスタウェイ。
デビュー直後の2歳戦を賑わせ勝利数を増やしたが、未だこの産駒から重賞ウィナーが表れていない。
その代表格と知られるヴェロックスだが、果たして菊花賞のタイトルを手にすることができるか。

────────────────
菊花賞提供M氏直近的中実績

9月14日松戸特別
馬連24.1倍

9月15日ローズS
3連単107.0倍

9月16日セントライト記念
3連単586.9倍

────────────────
▼【王道~外厩特選情報~】詳細はこちら

無料メルマガ登録後、【外厩特選情報】の詳細はTOPページより確認できます↑

近年波乱傾向の強い菊花賞らしい一筋縄ではいかないレースとなることが濃厚です。
全馬初めての「3000m」という長丁場の未知なる挑戦。
どの陣営にもチャンスがあり、昨年の10万馬券や一昨年の55万馬券など条件戦上がりの馬が高配当を演出していることから伏兵馬の台頭に着目し精査。
調教後の様子など続々とレポートが届くの取材班が追いかけてる各馬情報は要チェックです。

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください