【根岸ステークス2016】フォトパドックと展望

こんばんは。キリツクバです。

本日行われた川崎記念惨敗でした・・

カゼノコ、パドックで良く見せるもレースの方では全く見せ場無く…(泣)

こちらで雪辱戦を果たしたいと思います!

このコーナーでは某競馬雑誌やネットを駆使し、1月20、21日の根岸S2016有力出走馬の画像を入手。

先入観無く、それらだけで各馬の評価を行ってみました。もちろん追い切りの評価も含んでいません。

先週からレースの展望も行って行っています。

フォトパドックでは最終追い切りに入る前の段階で馬の善し悪しが割とはっきり分かり、またレース直前のパドックでは追い切りだけでは評価し切れない馬の状態が一目瞭然で分かる事が出来ます。

良い馬体を数多く見たり、特定馬の馬体の癖を見付ける事で皆さんの相馬眼(!?)は飛躍的に向上する筈です。

兎に角馬体を沢山見る事は必ずプラスに働きます。

太目、細化…気合、イレ込み具合など・・

難しいと感じる人も多いかも知れませんが、自身で基準を作ると馬の選定・最終判断に必ず役立つと信じています。

フォトパドックで低評価だった馬はなかなか好走出来ないと個人的には思っています。

それでは評価は以下の通りです。


根岸ステークス2016フォトパドックと展望

〇プロトコル
馬体評価【B】
☆ややふっくらした姿。悪くは無い。

〇レーザーバレット
馬体評価【B】
☆腹回り太目なだけで、悪くは無い。

〇モーニン
馬体評価【A】
☆筋肉質で無駄肉が無い。好馬体。

〇タガノトネール
馬体評価【C】
☆毛ヅヤイマイチ。兎に角見栄えは悪い・・

〇グレープブランデー
馬体評価【B】
☆無駄肉の無いスマートな馬体。

〇マルカフリート
馬体評価【C】
☆豚馬。かなり太目・・

以上、確認出来た有力馬のフォトパドックから見た評価です。

S評価は皆無。

A評価はモーニンのみ。

続いて展望ですが、「どのデータを参考にするのか?」私は以下のデータに注目。

根岸Sは斤量別に注目して見ました!

当然一目で分かる差があるからです。

前回東海Sは東西別のデータを生かして2着、3着とワイド的中でした!

根岸ステークス斤量別データ

57キロ 〔5、4、0、22〕

56キロ 〔4、5、7、72〕

55キロ 〔1、1、1、14〕

58キロ 〔0、0、2、14〕

54キロ 〔0、0、2、14〕

※過去10年の集計データ。

斤量別データを見ても分かる様に根岸Sの場合、56キロと57キロの成績が抜けて良いです。

有力馬の中でこのデータに当て嵌まる馬は・・

個人的には以下の馬の場合、枠順が非常に重要だと思っています。

軸にするならこの馬か?⇒D:人気ブログランキング

広告
根岸ステークスの【徹底分析】&【関係者情報】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください