【日経新春杯2019】予想と最終追い切り・調教評価

こんばんは。キリツクバです。

今回は日経新春杯の最終追い切り・調教評価を書いて行きたいと思います。

日経新春杯が行われる1/13(日)京都競馬場の天気予報は晴れ時々くもり。

降水確率は20%となっています。

京都競馬場芝コースは良馬場確実!!

<日経新春杯2019最終予想>

最終追い切り・調教を見る限り、本命馬は堅いか?

追い切り・調教からの軸馬はこれ!!  A.人気ブログランキング

難解なハンデ戦日経新春杯
~みんなの万馬券におまかせ~

今年最初のG2はハンデ戦の日経新春杯。
金杯に続きまたもハンデ戦なので予想するのが非常に難しくて大変。。
そんなレースの予想にはみんなの万馬券の無料情報は本当に参考になるんです。

有馬記念はなんと回収率700%の三連単。
≪三連単軸1頭マルチ15⇒02,03,08,12≫
08 → 12 → 15/三連単払戻25,340円

今週のPICKUPレースは
”日経新春杯”(無料提供開始)
土日平場無料買い目+重賞厳選買い目が無料で見ることができるんです!これは無料なんて驚きです!

無料で日経新春杯を見に行く!


それでは日経新春杯の予想と最終追い切り・調教評価を書きたいと思います。

追い切り・調教は当然の事ながら一週前最終が特に大切だと私は思っています。

私は「追い切り派」「調教派」なので各馬の追い切り・調教時計を非常に重要視しています。

追い切り・調教というファクターを無視する事は競馬をやる者にとって自殺行為だとも思っています。

この追い切り・調教内容や時計を参考に馬のデキを一緒に見極めて行きましょう。

追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。

ちなみに一週前追い切り・調教評価はコチラ

日経新春杯2019予想と最終追い切り・調教評価

〇マサハヤドリーム(北村友)
栗坂稍 55.8 39.6 25.2 12.7 馬なり
追い切り評価
【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇グローリーヴェイズ(Mデムーロ)
南W良 55.2 39.6 12.8 強め
追い切り評価【B】

最終そこそこの時計。

悪くは無い。

〇エーティーサンダー(酒井学)
栗坂稍 52.4 37.9 24.3 12.1 馬なり
追い切り評価【C】

最終馬なり猛時計も・・

特別良いとは思わない・・

〇アフリカンゴールド(ミナリク)
栗CW稍 83.0 67.0 52.5 39.0 12.8 叩一杯
追い切り評価【C】

最終そこそこ好時計も・・

特別良いとは思わない・・

〇シュペルミエール(北村宏)
南坂良 52.9 38.9 24.8 12.1 強め
追い切り評価【B】

最終好時計。

前走時のデキキープ。

〇サラス(松若)
栗坂稍 60.0 41.7 25.7 12.2 末強め
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇ガンコ(藤岡佑)
栗坂稍 54.5 39.1 24.8 12.0 強め
追い切り評価【B】

最終そこそこ好時計。

悪くは無い。

〇ウインテンダネス(内田博)
栗CW稍 85.6 69.2 53.9 39.9 12.1 一杯
追い切り評価【A】

一週前猛時計、最終そこそこ好時計!

前走時より良化を感じる時計。

〇ケントオー(和田竜)
栗坂稍 52.0 38.4 25.5 12.9 叩一杯
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

〇ルックトゥワイス(岩田)
栗坂稍 55.4 39.8 25.6 12.8 末強め
追い切り評価
【C】

最終そこそこ好時計も・・

土曜日に直前追いを実施。割り引きたい・・

〇ノーブルマーズ(高倉)
栗CW稍 53.6 38.4 11.6 直一杯
追い切り評価【B】

最終好時計。

悪くは無い。

〇メイショウテッコン(武豊)
栗CW稍 54.7 40.0 12.4 直強め
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良化は感じない・・

〇ダッシングブレイズ(福永)
栗CW稍 84.9 68.9 53.7 39.4 12.0 強め
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇アイトーン(国分恭)
栗坂稍 53.4 39.1 25.5 12.5 一杯
追い切り評価
【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

〇ロードヴァンドール(横山典)
栗坂稍 53.8 39.1 25.8 13.2 一杯
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良化は感じない・・

〇ムイトオブリガード(川田)
栗CW稍 81.1 65.7 51.2 37.7 12.3 一杯
追い切り評価【A】

二週続けて猛時計!

デキ万全か?

日経新春杯2019予想と最終追い切り・調教評価まとめ

S評価は皆無。

A評価はウインテンダネス、ムイトオブリガードの2頭。

<日経新春杯2019最終予想>

最終追い切り・調教を見る限り、本命馬は堅いか?

追い切り・調教からの軸馬はこれ!!  A.人気ブログランキング

A評価が2頭。どちらも良い動き。

対して他馬は混戦傾向…と言うより、良い馬が少ないです…。

軸は堅いと思っています。

以上、日経新春杯2019最終追い切り・調教評価でした!

広告
根岸ステークスの【徹底分析】&【関係者情報】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください