【きさらぎ賞2021】予想と最終追い切り・調教評価

おはようございます。キリツクバです。

今回はきさらぎ賞の最終追い切り・調教評価を書いて行きたいと思います。

きさらぎ賞が行われる2/7(日)中京競馬場の天気予報は晴れ時々くもり。

降水確率は20%となっています。

中京競馬場芝コースは良馬場確実!!

 

<きさらぎ賞2021最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、上位拮抗か!?

脚質・前走込みでこの馬を強く狙いたいです。

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

 C.人気ブログランキング

それではきさらぎ賞の予想と最終追い切り・調教評価を書きたいと思います。

追い切り・調教は当然の事ながら一週前最終が特に大切だと私は思っています。

私は「追い切り派」「調教派」なので各馬の追い切り・調教時計を非常に重要視しています。

追い切り・調教というファクターを無視する事は競馬をやる者にとって自殺行為だとも思っています。

この追い切り・調教内容や時計を参考に馬のデキを一緒に見極めて行きましょう。

追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。

※ちなみに一週前追い切り・調教評価はコチラ

無料予想を毎週公開している期待のサイトを紹介します!

その名も『HORIZON』

満を持してのオープンです!

私も先週試してみたところ… ガチで稼げる競馬予想サイトと認定しました!

 ⇒ 「HORIZON」無料登録はこちら

今週は【きさらぎ賞】の予想が無料で公開されます。

6日土曜も無料情報を公開です!

先週も以下のような成績をあたりまえにように収めており、かなり精度の高いサイトであることは間違いありません!

まだ検証数は少ないものの、これだけの結果を出せるのは並大抵の競馬予想サイトには不可能。

長く利用することで、プラス収支を維持し伸ばすことができる可能性は非常に高いです!

毎週無料で買い目を提供してくれるので安心して使えるサイトだというところも魅力的ですね!

まず間違いなく、登録しておかないと損するサイトなのでぜひこの機会に利用してみてください!

⇒ 無料会員登録ページはこちら
※メールアドレスのみの簡単登録です。

きさらぎ賞2021予想と最終追い切り・調教評価

〇ジャンカルド(和田竜)
美南W稍 55.6 40.2 12.8 馬なり
追い切り評価
【C】

最終時計平凡・・

特別良化は感じない・・

〇ラーゴム(北村友)
栗CW重 81.1 64.7 50.7 37.6 12.8 馬なり
追い切り評価【A】

最終馬なり猛時計!

前走時より良化を感じる時計。

〇ヨーホーレイク(武豊)
栗坂重 55.5 40.6 26.4 13.2 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なりそこそこの時計。

悪くはない。

〇ダノンジェネラル(武豊)
栗CW重 85.1 69.3 53.9 39.9 12.5 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なりそこそこ好時計。

前走時のデキはキープ。

〇タガノカイ(泉谷)
栗坂重 52.9 38.4 24.7 12.5 一杯
追い切り評価【C】

最終好時計も・・

要らないでしょう・・

〇トーセンクライマー(荻野極)
美南W稍 69.5 54.9 40.0 13.4 直一杯
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇ショウナンアレス(松山)
栗CW重 84.5 68.6 53.7 39.7 12.3 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なりそこそこ好時計。

前走時のデキはキープ。

〇アクセル(柴山)
栗P良 64.8 49.7 37.2 12.2 馬なり
追い切り評価【C】

最終Pコースながら馬なり猛時計も・・

特別良いとは思わない・・

〇ランドオブリバティ(三浦)
美南W稍 69.7 54.3 40.2 12.5 馬なり
追い切り評価【A】

二週続けて馬なりそこそこ好時計!

前走時の好状態キープ。

〇ドゥラモンド(岩田望)
美南W稍 68.2 53.0 38.3 12.5 馬なり
追い切り評価
【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキはキープ。

〇アランデル(池添)
美南W稍 54.8 39.8 13.0 馬なり
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

きさらぎ賞2021予想と最終追い切り・調教評価まとめ

S評価は皆無。

A評価はラーゴム、ランドオブリバティの2頭。

<きさらぎ賞2021最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、上位拮抗か!?

脚質・前走込みでこの馬を強く狙いたいです。

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

 C.人気ブログランキング

昨日の中京競馬場芝コースを見る限り、外差しは効き難く前有利!?

大外一気とかは明らかに難しそうな馬場で・・

…となると前目の馬を狙いたいところ。

三浦騎手は競馬人生を賭けた一戦か…!?

ここは負けられない戦い。

以上、きさらぎ賞2021最終追い切り・調教評価でした!

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください