【ラジオNIKKEI賞2020】予想と最終追い切り・調教評価

こんばんは。キリツクバです。

今回はラジオNIKKEI賞の最終追い切り・調教評価を書いて行きたいと思います。

ラジオNIKKEI賞が行われる7/5(日)福島競馬場の天気予報はくもりのち雨。

降水確率は70%となっています。

福島競馬場芝コースは稍重~重くらいか?

 

<ラジオNIKKEI賞2020最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、紐荒れ十分の混戦。

枠順最悪も追い切り・調教を重視。

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

 A.人気ブログランキング

それではラジオNIKKEI賞の予想と最終追い切り・調教評価を書きたいと思います。

追い切り・調教は当然の事ながら一週前最終が特に大切だと私は思っています。

私は「追い切り派」「調教派」なので各馬の追い切り・調教時計を非常に重要視しています。

追い切り・調教というファクターを無視する事は競馬をやる者にとって自殺行為だとも思っています。

この追い切り・調教内容や時計を参考に馬のデキを一緒に見極めて行きましょう。

追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。

※ちなみに一週前追い切り・調教評価はコチラ

──────────────────


完全に・・・
函館後半無双状態

各情報で出した函館がよくきてる事実。

──────────────────

松前特別 3連単16点300円
602910円
立待岬特別3連単10点500円
89550円

6/28函館9R3連単9点600円
261840円
檜山特別 3連単10点500円
70700円
北斗特別 3連単8点1200円
708840円

──────────────────

21日週津軽海峡特別、長万部特別
STV杯
14日週洞庭湖特別、UHB杯

そして函館SSも10点で64.5万。。

──────────────────

──────────────────
そしてこの買い方を知りたい方必見!


巴賞厳選買い目無料開放!
エントリーはこちら

CBC、ラジニケより函館の方が稼げる!そんな自信アリの無料公開!
前日夜に、無料メールエントリーした方のみ買い目開放!
函館集計した結果、かなり今、熱いのでおすすめです。

ラジオNIKKEI賞2020予想と最終追い切り・調教評価

〇バビット(団野)
栗坂良 56.5 41.7 26.8 13.2 馬なり
追い切り評価
【B】

最終時計平凡も一週前は好時計。

時計は出さない馬。前走時のデキはキープ。

〇ディープキング(戸崎)
栗坂不 55.4 39.5 25.9 12.6 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なりそこそこ好時計。

悪くは無い。

〇アルサトワ(田辺)
栗CW不 85.4 67.6 52.5 38.6 11.7 一杯
追い切り評価【B】

最終不良馬場のCWコースで好時計。

前走時より若干の良化を感じる時計。

〇コンドゥクシオン(石川裕)
美南W不 67.7 52.7 38.7 12.0 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキはキープ。

〇サクラトゥジュール(石橋脩)
美南W不 68.3 52.8 38.9 12.7 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキはキープ。

〇アールクインダム(吉田豊)
美南W不 69.6 53.8 39.1 13.5 馬なり
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

〇ベレヌス(西村淳)
栗坂不 55.4 39.8 25.8 12.4 強め
追い切り評価【B】

一週前猛時計、最終そこそこ好時計。

前走時より若干の良化を感じる時計。

〇グレイトオーサー(レーン)
美南W不 66.9 51.8 37.6 12.4 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり猛時計。

前走時のデキはキープ。

〇パラスアテナ(武豊)
美南W不 68.0 53.9 39.8 12.6 馬なり
追い切り評価
【A】

最終馬なりそこそこ好時計!

前走時の好状態キープ。

〇コスモインぺリウム(武藤)
美南P良 82.9 67.6 52.7 38.8 12.7 馬なり
追い切り評価
【B】

最終Pコースながら馬なり好時計。

悪くは無い。

〇パンサラッサ(三浦)
栗坂不 53.0 38.8 25.3 12.7 末強め
追い切り評価
【C】

最終好時計も・・

特別良いとは思わない・・

〇ルリアン(坂井瑠)
栗坂不 53.4 38.4 24.9 12.2 馬なり
追い切り評価【A】

一週前猛時計、最終馬なり好時計!

前走時より良化を感じる時計。

ラジオNIKKEI賞2020予想と最終追い切り・調教評価まとめ

S評価は皆無。

A評価はパラスアテナ、ルリアンの2頭。

<ラジオNIKKEI賞2020最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、紐荒れ十分の混戦。

枠順最悪も追い切り・調教を重視。

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

 A.人気ブログランキング

馬場が悪い中行われるハンデ重賞・・

今年も激戦必至…!?

先行馬が多いが、先行馬が有利というパターンでしょう。

以上、ラジオNIKKEI賞2020最終追い切り・調教評価でした!

広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください