キリツクバ骨董品を買う

こんばんは。キリツクバです。

遂に大きな買い物をしましたー!!

普段は本当にケチなんですけどね…(汗)

先日行き付けの酒屋さんにワインを買いに行ったら直ぐ近くの陶芸教室の先生の陶器の骨董品が凄いと言うので見学させて貰いました。

展示されている物の大半は売って貰えるとの事だったので、部屋をリニューアル予定(汗)の私としては是非茶碗を一つと思い・・

とあるアニメの影響で茶碗一つが昔の国一つに匹敵する価値があったという事で興味がありました。

薄暗い部屋を物色すると壁に額に入った一枚の皿(?)に目が行きました・・

作・辻常陸「跳び馬」

どうですか皆さん!?

この容姿は正にドゥラメンテ!!

丁度中山記念翌日という事で何か運命を感じました・・

どちらかと言うとリアルスティールの方が好きなんですが…(汗)

作者の事や骨董品に関する知識は皆無でしたが、私は馬年という事もあり即値段を聞きました。

正直5万円位なら即決しようと思っていましたが、何と15000円という値段!

しかも百貨店で買えば20万円はすると言われ、俄然気持ちは盛り上がり…(単細胞汗)

この皿(?)の作者である14代辻常陸氏は代々天皇家の為に器を作る家系だそうで、天皇家から「常陸」の称号を得たとか。

天皇家の器を作っている事から余り世に出回っていないそうです。

そんな物が何故にこの陶芸家の先生の手にあるのかは謎ですが、先生は各個展で優秀な成績を収めている方だそうで、趣味で器も集めているのだそうです。

天皇家の器を我が手に収めるなんて…。聖なる鳥を飼う者の宿命でしょうか…?(妄想汗)

辻常陸氏についてはネットで検索してみて下さい。

似た様な作品が沢山あります(笑)

果たして本物か偽物かは別にして入室後約5分で購入を決めた初めての骨董品。

早速ボロボロの額から新しく7000円をかけて額装して貰いました。

部屋をリニューアルしたらこのドゥラメンテが目立つ様配置したいと考えています。

もう一つ位花瓶を買おうかな。

普段は本当にケチで、競馬では惜し気も無く勝負しますが…(苦笑)

個人的には良い買物をしたし、本物だと信じています。

「鑑定団」の皆さん、石坂浩二氏の批評を聞きたいです!(笑)

これで更に運気がUPの予感・・

広告
AJCCの【徹底分析】&【関係者情報】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください