馬体診断講座サンプル号

今回は馬体診断講座のサンプル号をお伝えしていきます。

今後この馬体講座を見て皆様がパドックでご自身でどの馬の状態が良いのか?

判断して頂けるためにと思い定期的に未勝利マニアが馬体診断を開催しています。

馬体を知れば事前に好走する馬を見ぬくことが出来ます。

「パドックは何が良いかわからない」

と言う方は多いかもしれませんが、そりゃ当然です。

勉強したことが無いのですから。

私はいとこが調教助手なので直々に見方を教わりました。

皆さんも私に習えばプロと同じ目線で馬体を見ることが出来ます。

では早速ですがサンプル号として1枚の画像を提供します。

0000284M

この画像の馬を「好馬体、太い、細い」で見た場合どう思われますか?

答えを言ってしまうと「細い」が正解です。

別に外れても問題ありません。慣れれば大丈夫です。

この馬は馬体重が軽く、全体的に見た目も細いです。

こういった馬体の馬は当然「非力」です。

よって馬券になるのは厳しいです。

そしてイレ込みが激しい場合は出遅れの可能性も出て来ます。

続いていってみましょう。

0000285M

この画像の馬を「好馬体、太い、細い」で見た場合どう思われますか?

答えは「太目」です。

こういった馬体ですと競馬にならない場合が多いです。

しかしこの画像の馬は太目でも走ります。馬の適性も知らないと、なかなか馬体だけでは判断出来ない場合も少なからずあります。

では次の馬体はいかがですか?

0000286M

「好馬体」です。

しかも2月1週目の未勝利馬の中で最も好馬体だった馬です。

ここまで紹介した馬とは馬体が別格に見える筈です。

こういった馬を未勝利戦でチョイスすれば的中に近付ける訳です。

ここまでの馬は滅多に居ませんが。

更に言うなら「スマートな好馬体」とはこういう馬を言うのです。

まずは週末この画像を目に焼き付けて未勝利戦で活用して下さい。

今回である程度の馬体診断は出来ると思います。

なお、有料会員様向け未勝利マニア講座では

「馬体のどこで善し悪しを見るのか?」を定期的に説明しています。

馬体診断をマスターして私のように馬券力をUPさせたい方は

キリツクバの未勝利マニア講座にご入会お待ちしております。

詳細は→ コチラから入会案内を御覧ください