【東京新聞杯2018】予想と最終追い切り・調教評価

お疲れ様です。キリツクバです。

今回は東京新聞杯の予想と最終追い切り・調教評価を書いて行きたいと思います。

東京新聞杯が行われる2/4(日)東京競馬場の天気予報は晴れ時々くもり。

降水確率は20%となっています。

東京競馬場芝コースは未だ雪の影響が残り稍重~良と予想します。

PR【今週の勝ち方】細分化データ・過去データから見る東京新聞杯ときさらぎ賞

東京新聞杯、きさらぎ賞を少点数で当てる為、ある指数データの結果から予想します。

今週の2重賞について簡単にまとめると、
ーーーーーーーーーーー
■東京新聞杯
注目:2017年2016年データ
指数1位~4位予想馬がほぼ馬券を独占
■きさらぎ賞
注目:2014年~2017年データ
指数1位~3位予想馬がほぼ馬券を独占
ーーーーーーーーーーー
この結果を見るだけでも、数頭は馬券内に入る馬を見極められそうな気がします。
今すぐこのデータを見たい人はこちらから見てみてください。

しかし焦りは禁物です。まだまだ穴があります。
東京新聞杯2016年3着の不人気馬。きさらぎ賞2017年1着の不人気馬。
この馬をどうするか。読み切れない馬がいるのも事実です。
そんな馬を読んで少点数で3連単を的中させるにはどうすればいいのか。

この指数は、血統適性、スピード指数など馬券に直結する4つのデータを組合せてつくられています。
そこへさらに、指数データサイトを運営する北条氏が「人気データ、前走着順データ、クラス別データ」などを組合せ、読み切れない穴を埋めます。
その精度はいかほどか。

代表例をあげると
【2017年 セントウルステークス】
1着:ファインニードル(指数1位)1人気
2着:ラインミーティア(指数9位)6人気
3着:ダンスディレクター(指数5位)4人気

北条氏:指数1位馬は鉄板馬と発表。
指数データに加え、人気データと前走着順データを組合せ、北条氏がだした馬券になる3頭の答えは、

ファインニードル
ラインミーティア
ダンスディレクター

結果、その3頭がそのまま馬券に。3頭で3連単36,810円的中。
このデータはサイト内の「北条のブログ」で公開されています。
北条氏は1点1,000円の3頭BOX6点で個人的に馬券を買っていたらしく、368,100円獲得したとブログに記載されてました。

すでにきさらぎ賞について「北条のブログ」でデータのみですが公開されています。
例年1人気の単オッズは1倍台となり、配当が低くなるきさらぎ賞ですが、今年は違います。
上位馬が混戦傾向。ずば抜けて強い馬がいません。おそらく例年通りの低配当決着にはなりにくいと思います。
しかも少頭数でのレースなので少点数で的中させやすい。おいしいレースと言ってもいいでしょう。

東京新聞杯データは日曜日昼に予想と一緒に公開されます。
こちらは例年荒れる上に、この指数データで十分3連単の高配当を狙えると思っています。

サイトに無料登録すると見れますので、ぜひチェックしてもらいたい項目です。
→ 無料会員登録ページ

それでは東京新聞杯の予想と最終追い切り・調教評価を書きたいと思います。

追い切り・調教は当然の事ながら一週前最終が特に大切だと私は思っています。

私は「追い切り派」「調教派」なので各馬の追い切り・調教時計を非常に重要視しています。

追い切り・調教というファクターを無視する事は競馬をやる者にとって自殺行為だとも思っています。

この追い切り・調教内容や時計を参考に馬のデキを一緒に見極めて行きましょう。

追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。

ちなみに一週前追い切り・調教評価はコチラ


東京新聞杯2018予想と最終追い切り・調教評価

〇アドマイヤリード(藤岡康)
栗坂良 52.5 38.4 25.2 12.6 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキキープ。

〇デンコウアンジュ(蛯名)
栗坂良 53.6 39.0 25.1 12.3 強め
追い切り評価【B】

最終そこそこ好時計。

前走時のデキキープ

〇サトノアレス(柴山)
南W良 65.6 50.8 38.0 12.8 馬なり
追い切り評価【A】

最終馬なり好時計!

前走時の好状態キープ。

〇ディバインコード(北村宏)
南W良 67.2 52.2 38.3 12.5 一杯
追い切り評価【B】

最終好時計。

前走時のデキキープ。

〇トウショウピスト(カツハル)
栗CW良 80.2 64.0 50.1 36.9 12.2 一杯
追い切り評価【C】

最終猛時計も・・

実戦に結び付かない・・

〇ガリバルディ(三浦)
栗坂良 57.2 40.5 25.8 12.5 一杯
追い切り評価【C】

最終酷い時計・・

デキ落ちを感じる・・

〇クルーガー(浜中)
栗坂良 53.0 38.7 25.0 12.2 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり好時計。

前走時のデキキープ。

〇リスグラシュー(武豊)
栗坂良 49.8 36.2 24.0 12.3 末強め
追い切り評価【A】

最終猛時計!

前走時より良化を感じる時計。

〇ハクサンルドルフ(戸崎)
栗坂良 52.5 38.0 24.8 12.2 一杯
追い切り評価【A】

二週続けて好時計!

前走時より良化を感じる時計。

〇ダノンプラチナ(田辺)
南W良 84.3 68.7 53.5 39.9 13.1 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり終いは甘いがそこそこ好時計。

前走時のデキキープ。

〇ベルキャニオン(石橋修)
南W良 67.4 51.4 37.3 12.8 強め
追い切り評価【B】

最終猛時計。

前走時より若干の良化を感じる時計。

〇マイネルアウラート(柴田大)
南W良 69.5 54.3 39.3 13.0 馬なり
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

〇カデナ(福永)
栗坂良 53.4 37.8 24.9 12.7 一杯
追い切り評価【B】

最終好時計。

悪くは無い。

〇ストーミーシー(大野)
南W良 67.8 52.6 38.7 12.9 末強め
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

〇ダイワキャグニー(横山典)
南W良 68.8 53.1 39.0 13.2 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり終いは甘いがそこそこ好時計。

前走時のデキキープ。

〇グレーターロンドン(川田)
南W良 50.9 36.3 12.4 馬なり
追い切り評価【A】

二週続けて猛時計!

前走時より良化を感じる時計。

S評価は皆無。

A評価はサトノアレス、リスグラシュー、ハクサンルドルフ、グレーターロンドンの4頭。

<東京新聞杯2018最終予想>
最終追い切り・調教からの狙い馬は↓↓
A.人気ブログランキング

枠順が発表された時点で混戦傾向。

東京芝コースはやや前有利も外差しも効き出して来ました。

…と、なるとある程度先行出来て二の脚使える馬を狙いたいですね。

以上、東京新聞杯2018最終追い切り評価でした!

また今週末の未勝利戦高確率で馬券に絡む軸馬などについては無料メルマガでもお知らせしようと思っております。

気になる方は↓から登録頂けます!完全無料です!

未勝利マニア無料メルマガ⇒ 登録はこちち

【PR】広告Ad
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  ダービー(GI) 鉄板3点勝負

ダノンプレミアムを脅かす穴馬が存在
 相手を絞り30倍以上も狙える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
5/12 京都7R 5万1930円的中!
5/6 新潟8R 10万2030円的中!
5/5 京都新聞杯 4万2640円的中!
4/29 東京12R 3万1710円的中!
4/29 天皇賞春 1万1650円的中!
4/28 新潟8R 7万1570円的中!
4/22 東京7R 2万4020円的中!
4/22 東京12R 2万3410円的中!

ダービーを無料で見る方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。